世にも奇妙なー 監督編は。。(><)

おはようございます。 今日もよく寝た。 やっぱりたまには連休もいいもんですなあ。 
今日はお天気も良いし、久しぶりの(?!)洗濯からです。 
さて、昨日の夜は、「世にも奇妙な物語」の監督編。 名だたる皆さんの作品ということで、楽しみに
してたもんですが・・・ なんだか5作品とも、私には微妙なものに・・ ってか残念なものでした。
先週の傑作選に比べるとー (^^;; 私が言うのも何ですが、ちょっとダメ出し&感想言っていい?


まず1作目の「箱」。 これ、予告で観た時から、深夜映画で観たやつがすぐ、ヒラメキました。
全部が全部同じじゃなかったけど。。  監督、この映画、知ってるでしょ??
「リミット」っていうタイトルだったと思う。  ほんとに・・ 竹内さんの通り、主人公の男が、棺桶のような
箱の中に閉じ込められちゃうの。  登場人物もこの男の一人舞台って感じです。
そして箱の中には、携帯電話がー って、とこも同じですねえ。  携帯電話があるとこで、さっそく彼は
なんとか外部に助けを求めるのですが・・・ 如何せん、自分がどこにいるのかわからない。。
よって、警察も探しようがないっちゅう、絶望的な状況なわけです。 
竹内さんも、パニック演技を熱演してましたけどねえ・・ 映画の彼はそこまでじゃなかったけど。
かなりツライ状況でしたよ。  最後まで救いがなく・・・ (この映画も何だったんだって?)
携帯電話を入れたのは、何? 犯人のイヤミ、イジメでしょうか?? 

世にもーの方は、またお得意の、どんでん返しな結末になってましたけど。  脳幹血栓
その中での夢・・? どうせなら、その前の研究所での実験ー っての方がまだよかったような。
なんか、肩すかし食わされました。  しかし、あの状況は恐いですね。。 一番いや。 ★★


「幸せを呼ぶメガネ」はー 特に書くことなし。。 元々こういうのは、anbelnのタイプじゃないので。
まっ、ちょっとこういうのもあったら、いいかなあ~とか、思ったりくらい。
でも、結局それって、操られちゃいそうよね。    ★★


そして3番目のが、一番楽しみにしてた、「事故物件」。  これが唯一の怖い系かなって、お化け大好き
anbelnは期待してたのですが・・・  これも見ごとな肩すかし。 
ちょっとクロユリ団地のような思いもありますかいな。  大切な人を失くすのってツライものね・・
信じたくない、受け入れられない気持ちがー あんな怖いもの見せてたわけね・・?
でも、脚本ダメでしょ? そういうの、ほんとに最後の最後に明かしてや。 ちょっと一足早いよ、ネタばれ。
そんで最後も、何かある、何やるだろうって、身構えてたのに・・・・  >、< 何もないっ!
なんか、いい話で終わっちゃいましたよ~  うっそ~? しかもなんか薄い・・・
違うでしょ、違うでしょ、ここは、最後のオチで一発かましてくれなくちゃ~ っと、もうツッコみでした。

一番ガックリしたかも。。。 ★


バツ」 ・・・ これも、もうちょっとどうにかならなかったの?  あの電車のとこで終わった方がよかった。
anbelnの脚本なら、そうする。 あのパンデミックに持ってくほどの意味がない・・よな気がするんですが。
その前の部分もですねえ・・ なんだかもう死を覚悟していい人になっちゃった彼と、電車の中でXを
見つけたパニックがどうも、うまく繋がらなくて。。  
前の部分ももうちょっと工夫が欲しいなあっと、上から目線? ちょっとダメ出しです。  ★★


最後のは・・・ 「嘘が生まれた日」。  この時はもう、ちょっと・・・裏の「法医学教室の事件ファイル」に
替えちゃったり。。  2番目のと同じく、こういうのは、あんまりタイプじゃないの。


全体的に・・・ ダメだ、監督編。 前週の傑作選(いちおう傑作選だもんね。) のがよかったわ。


さて、今日も洗濯ものが乾いたら、ジム行ってこよう。
明日は、また5時起きの・・・ 遠距離通勤、激しいやつの再びです。  こっちもキョーフ。