午後ロー 「アーマード 武装地帯」

今日は久しぶりに(でもない?) 午後ロー、観ちゃいましたよ。  「アーマード 武装地帯」ってさ。
 
最新テクノロジーを搭載した装甲現金輸送車を警備する6人の警備員が、偽装強盗計画を企て、
4200万ドルを強奪しようとするサスペンスアクション。
 
イメージ 1
 
これ、上映当時も見たかったんですよ~  でも、やっぱり私の事情があったのか、まあ内容的に、あまり
メジャーじゃなくて近場のシネコンじゃやってくれなかったのか、見逃したのよねえ。
だから思いがけなくっ、 まさか午後ローでやってくれるとは、休みもちょっと得した気分?
 
なんつったって、俳優陣が豪華キャストよ。  この強盗計画のリーダーになるマット・ディロンに、
ローレンス・フィッシュボーン、ジャン・レノに、スキート・ウールリッチ(お~ ウインターズ、いたのかよー)
プリズンブレイクのスクレまで出ちゃってるよ。  これだけでも観たいくらい。
 
しかしちょっと内容的には・・・ あ~ 今回はちょっとヤフーレビューの辛口評にうなづいちゃうなあ。
 
まず「武装地帯」と副題がついてる割には、舞台はほとんど広大な廃工場。 
ここに金を隠そうとしたのが、ホームレスに見られてしまい・・・ 早まったローレンスが発砲して殺しちゃってから
この強奪計画の歯車が狂いだす・・・
 
思うに、6人ものちょい大人数でやる時には、もっと緻密な計画やら、6人ともの強固な覚悟の確認が必要ね。
心の準備もちゃんとできてないヤツを仲間に入れちゃあ、ダメよ。
そして、悪に徹しきれないヤツは、最初からそんなことやるもんじゃないって。
 
この主役は、マットじゃなくて黒人のコロンバスさん?  「殺しなんて聞いちゃねえよー」って、いきなり一抜け
皆を裏切って、一人だけヒーローになっちゃうじゃない?!
この彼がなんとか警察に通報して、彼らの企てを止めようとして、それを他のみんなが阻止しようとするー
そんな攻防戦になっちゃうんだけどさ。。
その中で、仲間が一人死に、二人死に・・・  さらにー  
 
ちょっと見ててイライラしてきた。  だって、このコロンバスさん、(役名はタイか。) 自分だって最初は、
この偽装強盗作戦に乗ったんじゃん!  それをみんなを裏切ってさあ。。
そもそもこのへんから気に入らない。  どうも正義vs悪って感じがしないのよ。
ーって、そういう映画じゃないんだろうけど。
 
 
「派手な見せ場に頼らず、コンパクトに設計された演出。 右肩上がりに緊迫度が増すー」 など、
書かれておりましたが・・・ そうか~?  確かに、派手な見せ場はない。
そこがちょっと寂しい。  こんだけ役者を揃えたんなら、派手な見せ場があってもいいじゃん!
 
地味にまとめるにしても、なんか中途半端。  もっと心理劇にするなりサスペンスな部分もあったらいいのに。
俳優が泣いちゃいます。。。
 
でも、マット・ディロンは渋カッコよかった~  (故に余計残念だ。。)
 
結局この話は何だったんだろうなあ。。。   慣れない人が悪いことはしちゃダメって?
 
 
はい。。。  それでは。。   
 
私事ですが、仕事が決まるまではブログはしばしお休みします。。
ほんとに、こんなことやってる場合じゃないんだ、また神の戒めが来そうなんで。
 
あっ・・ でも今日は深夜に「ゾンビランド」があるらしい。  またそそられる・・・  
とりあえず、今宵は許して。
では、しばしさようなら。